微笑みの国「タイ」

≪微笑みの国「タイ」≫話

男性目線で”美容”と”健康”を語っている、男性エステティシャン 大澤 隼人です。

いきなり、出鼻をくじかれた…(笑)

タイへ3日間の強行スケジュールで、未来の展望も踏まえて視察へ行ってきたんだが…

 

バンコクの空港へ降り立った時、自分に驚愕してしまった。。。

 

こんな庶民の僕を迎えに来てくれる人なんているわけもないから、自力でバンコク市内へ行かなきゃいけないが…しかし…

 

インフォメーションに行ったのはいいが…

 

え、英単語が一切出てこない…

 

 

 

 

ただ空港から、バンコク市内に行きたいのに…

 

嘘でしょ。。。ホテル名を言っても、発音が悪いみたいで…通じないし…どうしよ。。。

 

小1時間空港にて、テンパる(笑)

 

なんとかバンコク市街地へ

その後、何とかタクシー乗ることはできて・・・目的地のホテルにやっと到着。

この時点で、空港に到着してから2時間30分。(うそでしょ・・・)

現地の方にもようやく会うことができて、市内観光へ

今はもう観光客しか乗らないという・・・トゥクトゥクにも、乗ることができて微笑みの国タイを満喫♪

ヤフー検索結果でワットポーへ

市内観光もさっと終わりにし、そのあとはまた一人旅。

現地で行きたいところを検索する自分だが・・・この日も、その場でヤフー検索。

 

「タイ バンコク 有名なところ」って、検索したところ”ワットポー”が上位ランキングに入っていたので、勇気を出してタクシーで向かってみたところ・・・それはそれは、ものすごい建造物がいっぱいあることあること

 

 

一通り見たところ、再度ヤフー検索「ワットポー 絶対行くべき場所」。

その結果「絶対に当たる占い!日本語通訳有!」。これは、占い好きな僕は行くっきゃない!!

何とか見つけて、立ち寄ってみたら・・・80歳のおじいちゃんがいたから、つたない英語で・・・

 

僕:「アイアム ジャパニーズ」、「ノー スピーキング イングリッシュ」

 

 

 

おじいちゃん:「ジャパニーズ ノー」

 

 

 

僕:「うそでしょ(笑)」

 

 

 

 

おじいちゃん:「ノープロブレム」「スローリースローリー イングリッシュOK!」

 

 

 

占い始まり・・・結果。

 

うそでしょ・・・1/3しか理解できなかった。。。全然大丈夫じゃないじゃん!!

 

結局、英語ができない自分を悔やんでしまった。微笑みの国タイでの出来事。

 

ただそれだけのこと・・・

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

大澤 隼人

男性エステティシャン。テレビや雑誌にも多く取り上げられ、男性による施術の新境地を切り開く異端児。現在、サロンでの施術の他、独自のメソッド”姿整美”が学べるスクールや美容・健康に関するセミナー、商品(美容器具など)の監修のほか、書籍を出版し国内で講演活動も行なっている。