腸内環境を整えると、痩せやすい身体へ

腸内環境を整えると、痩せやすい身体へ≫話

男性目線で”美容”と”健康”を語っている、男性エステティシャン 大澤 隼人です。

腸内環境をいかに味方へ

腸内細菌をいかに上手にコントロールするかでも

腸内は大幅に変化していきます。

これは、痩せやすい身体作りとしてもオススメ方法ビックリマーク

まずは、腸内を知るべし

腸内細菌の割合として、

1善玉菌【ビフィズス菌など】 (約20%)

2悪玉菌【大腸菌など】 (約10%)

この2つの菌を合わせても約30%しかありません。

では、残りの70%を占めている菌

それは、

3日和見菌【バクテロイデス菌】(約70%)

ひよりみきんって言います。

日和見菌を味方にするべし

この日和見菌は、腸内環境によって

善玉菌の味方にもなるし、悪玉菌の味方にもなってしまう

『女心と秋の空』のような菌。

この「日和見菌をいかに味方につけるか?」が

免疫力UPアップの重要なポイントになってきます。

味方にする方法を知るべし

日和見菌を味方につける方法としては

食事療法が一番に上げられますビックリマーク

≪日和見菌を元気にする食材≫

◎味噌

◎納豆

◎塩辛◎ヨーグルト◎バター◎チーズ

◎キムチ

◎漬物◎塩麹◎醤油

ご覧いただいてお分かりになる通り

主に発酵食品を食べることで、

日和見菌を善玉菌の味方につけることができるようになり

そして痩せやすい身体作りの一つとしてもオススメですビックリマーク

ただそれだけのこと。。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

大澤 隼人

男性エステティシャン。テレビや雑誌にも多く取り上げられ、男性による施術の新境地を切り開く異端児。現在、サロンでの施術の他、独自のメソッド”姿整美”が学べるスクールや美容・健康に関するセミナー、商品(美容器具など)の監修のほか、書籍を出版し国内で講演活動も行なっている。